画像

OER

 2003/10/26  OER45φキャブレター装着

現在のFCR41φから今回OER45φに変更しました。
FCRは、高回転の伸びは良くコンパクト軽量でカッコイイんですが、
ど~もカチャカチャとスライドバルブの音と吸気音が気に要らないのと
低中回転域のトルクが出ず今一100%満足できる

キャブでは有りませんでした。
そこで、SOLEXに戻す予定でしたが、

たまたま、OER45φの極上品が格安で
手に入ったので装着する事にしました。
SOLEXは、生産中止で今後パーツ等で困る可能性が

有る為ちょうどいい機会でした。
これからは、国産のOERが主流になるのでは?

OERキャブの特徴

OERキャブには、現在45φ 47φ 50φの3機種が有ります。
OERキャブは、SOLEXやWEBERの

良い所を取り入れて造られてるので性能は、◎です。

① 

車の傾き(急旋回、急加速)時でも、充分性能を
維持しえるようジェット類の位置、フロート室の容量、
形状を設計しました。
特にフロート室の容量は可能な限りの拡大化をはかり、
他に類を見ない大容量となっております

② 

加速ポンプは、ピストン式無段階調整式を採用。
これにより、ダイヤフラム式のキャブレターの欠点である、
熱劣化等によるダイヤフラムの破損、

ポンプボディー内のチェックボールの固着がなく
ポンプ効率の低下がありません。

③ 

左右のバランスに優れ、高回転振動時のリターンスプリング折れを
なくしたセンターリターンスプリング機構を採用。

以上OER社製品案内より抜粋

ジェットブロック(エマルジョンチューブ)には、
T S R の3種類あります。
偶然にもTSRと一緒です(笑)
ジェット類は、メインジェット スロージェット 

エアージェット ポンプノズルです。

メインジェットは、SOLEXと共通で使えるので

たくさん手持ちが有るので購入不要です。
スロー エアーは専用なのでセッティングに合わせて

用意が必要になりました。

アウターベンチュリーは、WEBERと似たベンチュリーが付いてます。
今回の45φを分解してベンチュリー内径を

測定した所36φが装着されてました。
SOLEX44φ標準が34φなので
ちょっと大きいサイズになります。
O/V交換する時にインナーも外します

SOLEXの場合ガスケットが必要ですが、
OERは、ガスケットが無いので簡単です。



装着準備

装着に必要な物は、SOLEXと同じですので

SOLEXページも参照してください。

① OERキャブ2基
② INマニホールド
③ 燃料レギュレーター HIタイプ
④ 燃料ホースやホースバンド等

調整等に必要な物

① ジェット類
② 油面計
③ シンクロテスター

装着


INマニにキャブ本体を取り付けます。
押しレバーやターンバックルを仮組します。
ターンバックルの長さ等はこの時点で調整しときます。
今回ハラダ商会INマニを使いましたが、

リンケージシャフトとチョークレバーの
クリアランスが結構ギリギリでした。
シャフト取付け部のピロの位置を上げて調整します。


もう一つアクセルワイヤー固定ブラケットがそのままでは、

油面調整機構部と接触するので
ブラケットを曲げてクリアランスを確保します。
ファンネルは、車両に装着する時邪魔なので後で取付けます。


インレットマニホールドにOERを装着した状態です


マニホールドとキャブの組付けが完了したら、

車両のエンジンから現在付いているマニホールドを取外し
ガスケットを新品に交換して取付けます。
レギュレーターや燃料ホースを取付けます。

※ 
ここで一つ問題が発生しましたINマニの関係で
ピロを調整してシャフトを持ち上げたので
ボンネットを閉めたときにキャブの燃料ホース取付け部が
ボンネットの一部に干渉してしまいます。
仕方が無いのでボンネットをリュータで削って対処しました。
EARL’Sのフィッティングに変更してある為で

通常のT型パイプだと問題無いと思います。
閉めた時出っ張りにフィッティングが干渉した部分を削って対処しました
始動前の点検調整

燃圧調整

OERキャブの燃圧は、SOLEXと同じです。
今回も0.3kに合わせました。


油面調整

OERキャブの基準油面は、

29mmなので水平な場所で29mmに調整します。
調整方法は基本的にSOLEXと同じなので

SOLEXページ参照してください。

エンジン始動

始動前にパイロットスクリューを閉め込んだ

状態から2回転程戻して置きます。
ターンバックルを切り離してフリーにした状態で
スロットルスットッパーを
完全に戻してストッパーがスクリューに触れ始めた

位置から2回転程閉め込んで
スロットルバルブを少し開きます。
調整が完了したらエンジンを始動させます。

始動後のキャブの調整(SOLEXと同じです)

エンジン暖機後パイロットスクリューを

エンジン回転の一番高くなる位置でセットして
シンクロテスターを使い同調を合わせて

ターンバックルを調整して取付けます。
アイドル回転を合わせて調整完了です。


試乗

取付け調整が終わったので早速その辺を試乗してました!

FCRよりトルクレスポンスが良く吸気音も最高です!!
高回転も36φO/Vのおかげか気持ちよく吹け上がります。
FCRも悪く無いですが、OERの方がいい感じです。

SOLEXに比較すると低回転から中回転までのつながりがスムーズで
吸気音は、SOLEXと
そんなに変わらないです。

 OER SOLEX FCRキャブ調整数値

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
076-204-7780
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる