修復暦について
中古車販売において修復暦の有無を表示する事になっていますが、
多くの方は、修復暦有り(事故車)と聞くと敬遠しますが、修復暦が有る車輌は、
販売価格も低く逆にお買い得な車輌もたくさん有るんですよ。
中古車販売店の広告に当店では、事故者は、一切扱っておりません等と
表示されてますが、実際は、どうなんでしょう?
当店では、修復暦の有る車は、修復暦有りと表示して販売も行います。
理由は、下記を読んで頂ければ理解して頂けると思います。
もちろん、修復暦のレベルが高い車輌は販売しません。
出来るだけ安い車を手に入れたいのなら修復暦有り車が狙い目です。

中古車販売店の多くは、オートオークション(業者専用)から仕入れてますが、
オートオークションの場合プロの検査員が細かくチェックしますので修復暦は、明確です。

個人売買での修復暦の有無は、オーナーの自己申告になります。
オーナーが信用できる方なら本当でしょうが、確実に判断できませんし
嘘の記載や修復暦不明と記載されている車輌がたくさん有るそうです。
個人以外の業者でも稀に信用できないお店も有ります。
ご自身が修復暦を判断する事ができる方なら良いですが、全く解らない場合は、注意が必要です。

現在の板金修理技術は、非常に高く修復前に限りなく近く修理する事が可能です。
一般の方や業界関係者でも修復暦判断に困る位仕上げが上手なお店も有ります。
ただ、修理工場のレベルの差は有り仕上がりの良い悪いや修理方法の違いでの差は有ります。


事故車の定義(修復暦有り)
一般に修復暦有りと評価されるのは、ボディー骨格を交換又は、修理した場合になります。
フェンダーを取り替えたり、ドアを交換修理等外板の場合は、修復暦有りには、なりません。
パネル類も元々は、一つの部品でスポット溶接で繋ぎあわせて骨格が組まれています。
皆さん勘違いされるのが、修復暦無し=事故無しです。
実際に事故でフェンダー、ドア、ボンネットを交換しても修復暦無しなんですよ。
日査協、中販連、公取協などの統一基準として修復歴車と定義されているのは、
以下の部位を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車(事故歴車)とります。
クルマの基本骨格(フレーム)部位を交換あるいは修復した車両は、
痕跡により価値の減価(価格落ち)が発生します。修復歴車は相場より割安なのが通例です。
ボンネットタイプ
修復歴車の定義
(1)  フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(9) ラジエータコアサポート
(1)から(8)の部位を修復(修正・補修)したもの、あるいは、
(9)を交換したものが修復歴車(事故歴車)となります。


※ 溶接で組まれてる物とねじ止めで組まれてる物で基準が違う場合もあります。

修復暦有りでもフレーム修正、ピラー、フロアやルーフパネル修理の場合
事故の度合いが大きいと推定されます。

ラジエーターサポート、リヤエンドパネル、トランクフロア等は、
前からぶつかったり、後ろから追突された場合に
交換や修理する事が多く現在の自動車は、バンパーが頑丈で無い為(人身保護の為)
そんなに大きな事故で無くても修理する場合が多いと思います。

私自身は、元々が自動車整備士だったので車の構造等は、十分熟知していますので
修復暦が有る車を乗る事に抵抗は、有りません。
但し、修復のレベルが問題で余りにも大きな修復をしている車輌は、やはり敬遠しますね。
高年式高額車輌の場合次の下取り査定等にも影響するので修復暦有りは買わない方が良いでしょう。

本当に現在の板金技術は、すばらしいので修復暦有りでも安心して乗れる車輌が多いですよ。
ただ、一般のお客様には、修復暦の度合い等は、判断する事は難しいと思いますので、
信用のできるお店から購入するのが、1番です。


      当店では、販売する車輌で解る物は、全て表示しますのでご安心ください。
      整備士経験が豊富ですから扱う車も安心です。
      私が乗りたく無いレベルの車は、扱いません!
      これからの中古車販売は、信用が一番大切です。
      常に信頼されるお店を心がけています。

                      

マイ・オークションをごらんください